サイト情報

ゴルフ五輪書TOP>>>運営者情報

運営者情報

私がゴルフを始めたのは30歳の頃でした。
野球を中学、高校としていましたので、動かないボールを打つことなど簡単で、老人の遊びだとバカにしておりました。

ただ、社会人になれば接待にゴルフは付き物。接待される方に迷惑をかけないようにしなければならなかったのがゴルフを始めた理由でした。

ゴルフを初めてわかったのは、運動神経が良い野球経験者は皆極度のスライサーになることです。(バット打ちの打法は振り遅れるから)。シャフトがしなることを考慮しない打ち方はインパクトでヘッドの戻りが遅れるのです。

最初の頃は、いつもラウンドする前に練習場へ行ってボールを打っていましたがひどいスライスしか出ません。左のネット方向から曲がり、右のネットに当たる。そのままコースにでればスライスOBばかり。ティーショットはすべてOBで、特設ティーからの4打目ばかり。

その結果、一時期はゴルフが嫌いになり、ゴルフのボールを見るのもイヤになりました。でも、ずっと負けたままなのはしゃくでしたので、ありとあらゆるゴルフ本、テレビ、ビデオをみて研究し、スライスの原因を探り、様々な練習方法を試して、1年でシングルになることができました。

スライスは直ります。
ただ、自分がスライスする原因を特定せずに直そうとするから、スライス地獄に陥ります。自分が体験して得た矯正方法が役に立つかもしれない。そう考えてこのサイトを立ち上げました。

スライスを直せばゴルフは本当に楽しく、面白いスポーツです。
諦めずに、スライスの矯正にチャレンジしてください。