スライスを直すゴルフスイング上達法

ゴルフ五輪書TOP>>>スライスを直すゴルフスイング上達法

スライスの原因がスイングというパターン。
深刻に悩む方も多いですが、案外、スイングが原因の方が直しやすいのです。

スイングの欠陥

なぜかというと、スイングが原因でスライスするパターンが決まっているからです。よくあるスライス・スイングの典型的な原因を列挙すると以下の通り。

1、 体が飛球線方向に流れる。
2、 ボールを叩きに行って体が突っ込んでゆく。
3、 明治の大砲になる。

ざっとこんな理由ですが、よく見るとすべて同じ欠点が根底にあるスイング。
スライスは構えた場所から体が動くことによって起こる現象。
逆に、フックはスイング中に体が停まることにより起こる現象。

スライスする理由の大部分がスウェイすることにより引き起こされます。
上記の1〜3のパターンなどはスウェイが原因という点で同じです。
1は左へ。2はボール方向へ。3は右足の方向へ体が動いているため、クラブヘッドが戻らず、フェースが開いたままインパクトを迎えることによりスライスしています。

動かないことがスライスを直す方法ですが、「動かなければスイングできないじゃないか?」と思われるでしょう。動かないとボールが飛ばないとアマは思っています。
ところが、我々アマはプロとは違い、スイングで体を動かしすぎるのです。
プロは動いているようにみえますが、余分な動作はしていません。やりすぎは飛ばないし、ミスショットの原因になることを知っているからです。

スイングの矯正方法

まず、無駄な動きをしないこと。必要な部分以外を動かさないこと。これに尽きますが練習方法にも必要な動きだけをマスターする練習方法が必要です。
お勧めする練習法は、連続素振りの歩行バージョン。
アドレスの姿勢をとり、イチ、で左足を半歩前に出すと同時にバックスイング。ニッ、でダウンスイングと同時に右足を半歩前に。

これを連続して10〜20回繰り返します。疲れたら休んで繰り返しましょう。
この練習をすればスイングの芯ができ、無駄な動きがなくなります。
本番のスイングも同じタイミングで打て、スライスも簡単に直ります。

是非、毎日少しづづでも良いですから、歩行連続素振りをお試しください。
必ず効果が出てスライスが出ないようになります。

継続は力なりです。

QLOOKアクセス解析