スライスが止まるスイングの練習法

ゴルフ五輪書TOP>>>ドライバーのスライスが止まるスイング教室>>>スライスが止まるスイングの練習法

ドライバーのスライスが止まるスイング

スライスするスイングの原理を知ればスライスしないようにするのは難しくありません。
クラブヘッドが体を追い越さないことが原因。
判りやすく言えば、球を叩きにゆくとヘッドが球のある位置で止まってしまいます。
俗に言う「ぶつけてお終い」のスイング。

ドライバーは14本の中で一番長いクラブ。
当然、振ればヘッドがアドレスの場所まで戻ってくるのに一番時間がかかります。 ドライバーのヘッドをアドレスの場所まで戻すには、シャフトのしなり戻りで戻す必要がありますが、スライスゴルファーは手先の力で戻す(球を叩くことですが)ことをしてしまい、フェイスが開いたままインパクトを迎えてスライスすることになるのです。

竹ぼうきスイング練習法

ドライバーのスイングは、「自分がクラブを振るスイング」ではなく、「クラブに振られるスイング」をする必要がある。
そのための練習方法として最適なのが、竹ぼうきでスイングすること。
少し先を切ってそろえた方が良いでしょう。

竹ぼうきを振ってみるとわかると思いますが、頭が重く、大きいために手先の力で振ることはできず、ゆっくり先端が戻ってくるのを待つしかありません。 これが「クラブに振られるスイング」のそのもの。
この振られるスイングをそのままドライバーで再現できればスライスは直ります。

できれば、竹ぼうきで振られるスイングをして、そのままドライバーの持ち替えて実際に球を打つ。そして、竹ぼうきスイングして、球を打つ。 タイミングが体になじむように交互に振れば効果はあがります。

周りの迷惑にならない程度に練習する必要はありますが、
是非お勧めする練習方法です。

QLOOKアクセス解析