ドライバーのスライス解消〜目指せシングル

ゴルフ五輪書TOP>>>ドライバーのスライス解消〜目指せシングル

ゴルフを始めたら誰もが夢見るシングル・プレイヤー。
でも、なりたくてもスライスのドライバーでは無理?
いえいえ、そんなことはありません・・・

スライス打ちのシングルさん

シングルになるにはドローボールで、250ヤード以上飛ばないとムリ!とか思っている方も多いですが、とんでもありませんよ。
シングルさんとは体力に優れたゴルファーの意味ではなく、自分のできることに徹したゴルファーのことを総称しているのです。

私の知り合いのシングルさんでスライサーの方も沢山います。ドライバーの飛距離は210〜230ヤードくらいで飛ぶほうではありません。それでも、調子がよければ70台で回ってきます。

ダブルのハンデの方とも一緒に回られますが、ショットの見栄えはダブルさんの方が断然良いですが、上がってみるとスコアーはシングルさんの勝ち!

何処が一番の違いか?
それはショットの精度の差に尽きます。
スライスドライバーでも、いつもコントロールされているためフェアウエイをはずれません。

一方、ダブルさん。
当たれば飛ぶが、行き先はボールに聞いてくれ!というドライバー。
ラフや林の中は当たり前。グリーンに着くまでに叩いてしまう。

スライスだからシングルになれないことはありません。
ゴルフはドライバーだけでするものではないですし、ドライバーが飛んでも良いスコアーが出るわけでもないのです。
そこを勘違いしないようにしてください。

シングルになるためのドライバーとは?

シングルさんのドライバーの目的はと聞くと、
「フェアウエイの狙ったところへ運ぶこと」と言われますが、
ドライバーは飛ばすクラブではなく、飛ぶクラブ。
狙ったところへボールを運ぶクラブです。


シングルになるためのドライバーとは、狙ったところへ運べるボールを打てること。
その球筋はスライスでもドローでもどちらでも構いません。

逆に言えば、スライスは計算できないランが少ないので、ターゲットを狙いやすい球筋。スライスを直すことを考えるゴルファーは多いですが、スライスの精度を上げることを考えるゴルファーがシングルになるのです。

不得意を克服することも大事ですが、長所をのばしてゆくことが上達への早道。
スライスするならどんなときでも狙った位置にスライスボールを打てるようにする。
これもシングルへの早道です。

コトロールできるようになったスライスは、フェードボールと呼びます。それが打てるようになったら、立派なスイング改造でもあるのです。
ぜひ、武器になるまで磨くことも考えて練習してください。

あなたしか打てないスライスが打てればゴルフも楽しくなります。

QLOOKアクセス解析