ミッション・ポシッブル スライスする原因を徹底究明せよ!

ゴルフ五輪書TOP>>>ミッション・ポシッブル スライスする原因を徹底究明せよ!

ゴルフを始めてからスライスに取り付かれるゴルファーも沢山います。
一方、早々とドローボールに目覚めて、さっさとシングルになる方も少なくありません。
この差はいったいなんでしょうか?

スライスする原因は?

初心者の頃、誰からゴルフを教わったかによって、その後のゴルフの球筋が決まってきます。アマチュアゴルファーの多くがスライサーからゴルフの手ほどきを受けるのではないでしょうか。

知らず知らずのうちに、スライスを打つうち方を身につけてしまっている場合がほとんどです。
まず、「ボールをよく見ろ!」、「頭を動かすな!」、「フィニッシュをとれ!」。
この3つが代表的な初心者向けの間違いアドバイスでしょうか。

「ボールを見る=頭を動かすな」なんですが、これをするとスイング軸がいびつになり、トップで左足、フィニッシウで右足体重のギタンバッコンスイングになります。
スライス、トップの典型的な原因です。

「フィニッシュ」は結果でなるもので、インパクトの良し悪しがフィニッシュにでるだけです。
インパクトをおろそかにして綺麗なフィニッシュを作っても全くの無意味です。俗に言うフィニッシュ・マニアではいけません。

このようにスライスの原因は初心者時代の大きな誤解から生じているといえます。

スライスの矯正方法

まず、ギッタン・バッコンスイングの矯正ですが、バケツの水撒きをして直しましょう。アドレスをとり、飛球線方向にバケツで水を撒きましょう。それもできるだけ遠くに。その時、頭が左右に移動しませんか?

スイングとは体の体重移動によるユスリでするもの。スタンスの幅の間で動くのはスイングとはいいません。水を撒く要領で球を打つのがスイングです。
頭の位置よりスタンス幅が変わらないことに気をつけましょう。

フィニッシュは良いインパクトができれば、クラブに引っ張られて勝手にできるものです。
上記のバケツの水まきスイングをしたら、勝手に良いフィニッシュがとれます。
バケツ=クラブに引っ張られる感触を覚えましょう。

スライスの原因はゴルフを始めたときにあります。
スライスに困ったら対処療法ではなく、過去に遡って原因を調べてみることが早道です。

スライスは必ず直りますので諦めないでくださいね。

QLOOKアクセス解析