>

どスライサーからの大脱出

ゴルフ五輪書TOP>>>どスライサーからの大脱出

逃げられるものなら逃げたいスライス。
でも、災難は逃げると一層追いかけてきます。スライスも正面から立ち向かえば怖くない!

逃げの心がスライスを生む

スライスの根本的な原因は何だと思いますか?スイングなどの技術もありますが、
一番の原因は逃げる心なのです。

最初のスライスは確かに技術的な問題です。
ゴルフクラブはシャフトをしならせて打つもの。
野球とは根本的に違います。それを同じスイングで行えば完全な振り遅れとなりスライスとなります。

しかし、ゴルフを始めて1〜2年も経ち、コースに出るようになると、恐怖心が芽生えてきます。
「ココでスライスしないだろうか?」
「ここでOBをだしたくない」
このような恐怖心が毎回でてくるようになりクラブが振り切れない……。

そのためにここ一番でボールを置きに行くようなスイングになり、
スイング全体がゆるんでスライスしてしまう。

そのような繰り返しが一層スライスの恐怖心を生むようになるという悪循環。 このような心の問題から慢性的なスライスOB地獄へと落ち込んでゆくのです。



前向きな心が一番の良薬

プロの場合、技術よりも心の問題のほうが大きいでしょう。アマのようにスライスで失敗はしませんが、フックがでて試合を壊してしまうことが多いのです。
プロでもOB杭が目に入ると変なスイングになり逃げる場合も少なくないでしょう。

アマはプロのようにお金が掛かっているわけではありません。
気楽にゴルフができるのが特権なのですから、あまり考え込まずに力を抜いて打てばいいのです。

技術的なことで言えば、インパクトで叩くイメージは捨て去りましょう。
ぶつけてお終いのスイングではフェースが開いてスライスしか出ません。イメージとしては、左足のつま先の前にもう1個ボールがあり、そのボールも打つ気持ちでスイングすることです。

このイメージでスイングすれば、インンパクトが点ではなく、
ゾーンで捉えることができ、スライスしにくくなります。


ティーグラウンドに立ったときに左足つま先前に目印を見つけておき、そこまで振り切ることだけ考えてスイングしてみましょう。
嫌なイメージを持つことなく、良いスイングできるはずです。良いスイングをすればボールが曲がりはしません。
まず、振り切ること、そして、振り切る目標を見つけて実戦でスイングしてみてください。 振りきれば良いボールが打てるようになります。

自分を信じてスイングしましょう。

QLOOKアクセス解析