スライス矯正部屋〜僕は以前までスライスばかり

ゴルフ五輪書TOP>>>スライス矯正部屋〜僕は以前までスライスばかり

この文章を書いている私も、初心者のうちはスライスばかり。
右曲がりの球に飽き飽きしていました。ただ、有る時何かの雑誌を見てヒントを受けました。
そのヒントは・・・

腕は突き刺すもの

それまでのレッスン書と違い、強烈な一言に興味を奪われてその本を読み込んでいました。大昔のプロゴルファーの著書で、作者が誰であったかは忘れましたが。
そこで腕の使い方で気になったところが1つ。
それは「脇は開けても、締めすぎてもいけない」という文句です。

それまで私はバックスイングの上げ方に問題があると知り合いのゴルファーに言われて、そこばかり気にしていました。お陰でスライスが直るどころか一層悪化していくばかり。迷いの道をひた走ることになっていました。

そこで、腕の上げ方は関係ないのではと思い、あまり気にしないで上げるようにしました。そうするとバックスイングもまわしやすくて、トップも楽に作れるように。
そして、肝心のダウンスイング。ここでひじが開いたままおりてくるのが私の欠点で、そのままアウトサイドからクラブが入りインに抜けてゆく、典型的なアウトサイドインの軌道。強烈なスライスになりました。

上記の言葉をヒントにひじを地面に突き刺すようなイメージで振ってみました。
するといきなり球筋がドローボールになりました。

クラブが立っておりてくる

プロのスイング写真をご覧になればよくわかるとおもいますが、ダウンスイングでクラブが立って下りてきます。あれがタメといわれるものです。あのタメがあるから飛ぶのです。

最近のクラブは慣性モーメントが大きく、タメを作りすぎるとスッポ抜けるといいます。確かに大型ヘッドにはよくあることです。
でも、スライサーは基本的にひじがたためずにスライスを打ちます。ヘッドが寝て、遠回りして外から入ってくる軌道です。

これを矯正するためには、極端な練習もしないと直りません。直ってフックがでるようになったら徐々に修正すれば良いでしょう。

ガンコなスライスを直すのにはやりすぎくらいでちょうど良いかもしれません。
まずひじを自分の脇腹か地面に突き刺す感じで肘の使い方の練習をしましょう。肘がたためればシャフトがしなる。シャフトがしなればボールにハイスピードで当たります。
間違ってもボールが変なところにいくことはありません。

スライサーの脱出はこの感覚をつかめるかどうかにかかっています。この感覚がつかめれば、ガンコなスライスともサヨウナラ。スライスばかりの私と同じように球筋はドローに変身!

練習では何でもできます。極端なことをやって開眼できるものもある。

是非、チャレンジしてください。

QLOOKアクセス解析